ドライブレコーダーを有効活用しましょう!

ドライブレコーダーは、交通事故の示談交渉で役に立つのみではなく、自分自身や、相手の運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効なため、「あおり運転」の被害に遭った場合の有力な証拠となります。

 最近は、前方だけでなく、後方や車内、全方向を撮影できる高性能なドライブレコーダーも販売されております。また、損害保険会社が自動車保険の特約として提供するドライブレコーダーには、GPS機能や通信機能が付いている物が多く、事故の衝撃を感知するとドライブレコーダー経由でオペレーターより連絡が入り、場所の特定、動画の確認、事故対応相談、緊急車両手配などのサービスが同時に提供され非常に安心できます。

まだドライブレコーダーを装着されていない方は、今回の道路交通法改正を機会に、是非装着のご検討をお薦めします。

もし、妨害運転を受けた場合は、サービスエリアやパーキングエリアなど、交通事故に遭わない安全な場所に避難して、車外には決して出ることなく、110番に通報をしましょう。

警察に状況説明をする際に、ドライブレコーダーはきっとあなたの強い味方になってくれるはずです。

外部リンク

警察庁

https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/drive_recorder.html

国土交通省

https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03driverec/index.html

国土交通省 付けていますか?ドライブレコーダー

https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03driverec/resourse/data/drive.recorder.pdf

「あおり運転」が厳罰化され、違反1回で免許取消処分に!

他の車の走行を妨害する目的で車間距離を詰めたり、幅寄せしたりする「あおり運転」は重大な交通事故の発生に結び付き、痛ましい事件も起きていました。

これまで直接取り締まる規程がありませんでしたが、厳罰化を求める世論の後押しもあり、2020年6月30日より「妨害運転罪」が創設されました。今後は、違反1回でも免許取消処分になり、最長で5年の懲役刑や100万円の罰金など、厳しい罰則が科されることになりました。

外部リンク

警察庁:

https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/aori.html

大阪府警察:

https://www.police.pref.osaka.lg.jp/kotsu/aori_unten.html

アプコ保険で、キャリアブリッジから職業研修を受けられたMさんの感想です。

若者向けの就職支援を行っているキャリアブリッジからの紹介で6/22~6/26の間、職業体験のような形で事務の手伝いや、営業に同行して実際の様子を見せていただきました。

正直な話、自分は保険に関係する仕事にあまり興味がなく、知識も当然皆無でしたので研修を受けるかどうかを迷いっていました。でも「全く知らない業界を知ることができる」と考え、研修後に応募を決めることもできるとのことだったので、研修を受けることを決めました。

保険の会社はピリピリとしたイメージがとても大きかったのですが、アプコの方たちは雰囲気が柔らかい方たちばかりで、必要以上に緊張することがなかったです。事務の仕事では知らないこと、わからないことは尋ねれば親切に答えてもらえたので仕事がスムーズでした。

営業では色んな方との会話を見せてもらいましたが、古くからの信頼関係を感じるやりとりを感じました。手続きが終わったあとで仕事とは関係のない話で雑談をする様子もあり、それが良い意味で印象的でした。

これを書いているのは最終日ですが、初めての事ばかりだったので5日間はほんとにあっという間だったと思います。短期間とはいえ、社長を始めとした社員の方々から多くを学ぶことができたと思いますし、今後どうあれ研修の体験は大きな糧になると実感しています。

短い期間でしたが、本当にありがとうございました!

アプコ保険株式会社は、一般社団法人キャリアブリッジを応援しています。

就職を目指す若者たちのために、職場体験実習の受け入れに取り組んでいます。

キャリアブリッジとは(https://career-bridge.info/

~すべての若者と女性が、豊かで自由な働き方・生き方を実現できる社会の創造にむけて~

一人ひとりに寄り添い、その方に合った自分らしい働き方・生き方を応援すること。 それを実現する豊かな地域・社会づくりに貢献すること。仕事や社会参加を通じて、 若者や女性がいきいきとした暮らしを送るためのサポートを目指しています。

とよの地域(旧 とよなか)若者サポートステーション / くらし再建パーソナルサポートセンター / 若者支援相談窓口をはじめとしたキャリアブリッジの各事業を通じ、就労・自立を目指す若者や女性に対し、 企業・地域への橋渡しを行い、継続的な就労と幸福な生活を獲得することを目的に、 就労・教育・福祉・医療など各分野の専門家がチームとなり、個別的対応で「仕事」「進路」探しを応援しています。

コロナウィルス感染症の「緊急事態宣言解除」を受け、アプコ保険では以下のとおりの業務運営にて対応させていただいていますので、ご案内いたします。

お客さまにご案内です。

現在、コロナウィルス感染症の「緊急事態宣言解除」を受け、アプコ保険では以下のとおりの業務運営にて対応させていただいていますので、ご案内いたします。

 お客さまにおかれましては、ご迷惑・ご負担を掛けぬよう最大限の対応を行う所存でありますので、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

1.当社のお客さま対応について

・お客さまとの対面はご希望に応じてさせていただき、電話・郵送での対応とさせていただきます。

・web面談での対応を開始しております。(ZOOM)

 ご希望のお客さまは、メールにて日時のご予約いただければと存じます。※【ZOOMによるWEB面談の予約方法】をご確認ください。

2.各種お問い合わせについて

アプコ保険へのお問い合わせの際は、以下にご連絡をお願いいたします。

<アプコ保険へのお問い合わせ先>

 〒564-0063  大阪府吹田市江坂町2-2-9 清洲江坂ビル5階

TEL:06-6338-0119(平日 AM9:00~PM6:00)

※時間外は転送電話となりますので、アナウンス後の留守番電話に録音をお願い致します。

FAX:06-6338-0229

E-Mail:home@alpuco.co.jp

3.保険会社へのお問い合わせ

アプコ保険と連絡が取れず、緊急を要するお問い合わせの際は、以下にご連絡ください。

<保険会社へのお問い合わせ先>

 三井住友海上火災保険㈱ 大阪北支店 千里支社

 〒560-8585  大阪府豊中市新千里西町1-2-14(三井住友海上千里ビル2階)

 電話番号:06-6831-8711、FAX:06-6873-3385

なお、事故にあわれた際の連絡先は以下のとおりです。

<事故にあわれたお客さま(24時間365日の事故受付)>

自動車保険の事故のご連絡​    :0120-258-365(無料)

火災・傷害保険などの事故のご連絡​:0120-258-189(無料)

※【ZOOMによるWEB面談の予約方法】

1.home@alpuco.co.jpへ必要事項をご記入の上、予約メールを送信してください。

■必要事項

□ご契約者様氏名

□お電話番号

□対応をご希望される当社担当者名

□WEB面談希望日時

□ご相談内容

2.当社より、いただきましたメールにご返信いたしますので、メールにて日時の相談、決定をさせて頂きます。

3.当社より、面談前にご案内メールをお送りします。

4.当日は10分前頃に入室ください。待機室で黒い画面のままになりますが、時間が参りましたら入室いただけます。

※念のためにお電話は繋がる状態にしておいてください。